トップガイド交換の応急処置は釣り具屋がよき〜ディアルーナXR〜

つりと

遂にやってしまいました・・・。
何を??

りっくん

つりと

竿が折れてしまった・・・。
えええええええっっ!!!俺の!?

りっくん

つりと

いや、俺の・・・。
な〜んだ(笑)

りっくん

つりと

・・・。

たまたまロッドを立て掛けている時に風で倒れてしまった事が原因なんですが、最初は気づかず・・・。いざ準備しようとすると、んん??なんかない・・・。

「ええええええ!!!!」

とまぁ、こんな感じです。

自宅に戻って改めて確認。

綺麗に折れてますね(笑)

ディアルーナXRS1006M

使用期間:3年〜4年

釣行後は必ず毎回水洗いでのメンテンスは欠かさず。

修理の選択肢は3つ

①メーカー修理を依頼する

メーカーへ直接連絡し修理を行う方法で、釣具店などからも依頼ができますし、何よりメーカー修理な訳ですから、安心と信頼の分、金額も掛かります。トップガイド部分含めロッドが折れた場合の修理費用(ネット検索等)は、大凡5,000円程だそうです。※損傷の状態により金額は変化します。ただし、メーカー直の場合、送付する際の送料が別途必要になりますので、全体的な金額は上がると思います。メーカー修理での注意点としては、お持ちのロッドが未だ修理対応な状況かどうかにあります。廃盤等により部材が無くなっている場合もあります。事前にサイトで確認すると間違いないと思います。

②自分で直す
トップガイド(竿先)が折れたレベルであれば、自分でトップガイドを買って付ける事ができます。事前に調べる事としては、竿径とガイドサイズです。メーカーHPを見ればパーツガイドなどがあるので、サイズの確認をする事ができます。トップガイドの形状もロッドタイプによって様々ですので、事前に調べておく必要があります。ただ、竿先がどの程度折れているかが重要で、第二ガイドとの距離感が狭すぎる場合は、メーカー修理が推奨となります。※参考にSHIMANOさんのパーツ表です。

SHIMANOパーツ価格表

③釣具屋に持ち込む
釣具やさんが独自のアフターサービスで修理を行っているところがあります。修理が可能な範囲はそれぞれだと思いますが、簡単な作業範囲であれば、その場ですぐに仕上げてくれます。

つりと

結果的には釣具屋が楽チンなんだけど

早速持ち込んでみた

フィッシングエイト本店

トップガイドくらいだと、掛かっても1,000円くらいかな??と思っていたんですが、実際に掛かったのは・・・。

300円!!!(笑)

思わず、「へ??」と聞き返してしまいました(笑)

実際に持ち込んだ時の写真です。
竿先5cm程が折れているのが確認できますね。

その仕上がりは!!??

3cm程足りないかな?という印象ですが、見た感じでは問題ありません。修理内容としては、トップガイドを瞬間接着剤で固定するだけなのですが、10分程で仕上がりました。

まとめ

実際に釣具店での修理の形態は様々だと思いますが、トップガイドを接着剤で固定するレベルなので、感覚的には「応急処置」レベルなのかな?という感じです。この後、一度釣行に出かけましたが、今のところはトラブルもなく使えています。

長い期間や、ハードなゲームにどこまで耐えられるかは分かりませんが、費用、時間を考えたら十分なのかなと思います。これでもし、本格的に折れた場合はメーカー修理に出そうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です