ジグ用ケースはリバーシブルタイプが使いやすくスリムに収納できてお勧めな件

つりと

こんにちは。つりとです。
今日は新調したジグケースが悩み解決してくれたので、そんな話です。
ケースなんて何でも良くない!?(笑)

りっくん

つりと

100均でいいかなと思ってたけど、やっぱりルアー用は痒いところに手が届くってやつかな??
買っちゃうときの言い訳(笑)

りっくん

ルアーケース

「ルアーケース」されど「ルアーケース」なんですよね。
ただルアーを収納するだけなんですけど、釣行時での手返しの早さだったり、フィッシングスタイルによる携行性の良さだったり、求める物は様々です。

よくある悩みは・・・
・フック同士が絡んで出しにくい
・無駄スペースが多くてケースに厚みがでる
・100均商品で代用しがち(笑)

100均ケースの今・・・

今使っているのは、ダイソーで買ったものですが、仕切り位置が細かく変えられるので、気に入っていましたが・・・。

取り出す時にフック同士が絡んでしまって、手返し悪くなるんです。
どうやって絡んだ!!!???って場合も多々あるし、見ての通り底上げしてるくらい余分なスペースがあるので、ケース自体に厚みが出てしまうんですね。

MEIHO メイホー リバーシブルケース

Spec.
サイズ:200×126×36mm
材質 :ポリプロピレン
内寸 :100mm

サイズ例
EGI:100mmクラス、JIG:40gクラス、MINNOW:90mmクラス

■スペースを効率的に使用できる両面収納
■EGIやJIG、トラウトミノー等の収納に最適
■EGIのシンカー部やトレブルフックの収まりが良い対面トライアングル構造を採用
■水抜けダクト付きなので丸洗いが可能

つりと

昔からあったんだろうけど、よく考えられてる!!

Vの字構造で無駄なく収納

Vの字が表裏交互にある事で、省スペースでの最大効率収納が可能です。

それぞれジグを収納してみました。
手前から・・・
・ジグパラショート 20g #83 ライブ金アジ
・ジグパラショート 30g #81 ライブ金イワシ
・ジグパラショート 40g #29 ピンクイワシ

ジグパラショート40gでも十分なスペース確保ができてます。
取り出し、手返しも早くなりそうです。

100均ケースと比較

これまで使っていた100均ケースと比較して、厚みはほぼ変わらないくらいで、幅が縮小されました。これだけでも、ウエストバッグ派には最高の圧縮です。

何より絡みが無くなって、取り出しやすく手返し良くなったのは最高ですね。

mazume bagに入れてみた

色付きケースよりクリアケースの方が好きだわ。

mazume bagも収納量はかなりあるのですが、入れすぎると重すぎて腰や肩に負担が来るので、できる限りコンパクトかつ軽量にしたいですからね。

プラグ類はフリースペースがいい

プラグ用のケースは左右どちらからも開けられるケースが使い手返し良くて便利です。定番のタイプですが「COREMAN」にも扱いがあります。カラバリは「クリア」「ブルー」です。

「ミノー」や「バイブレーション」などは雑にいられらるケースの方が収納としては便利です。特にサイズが異なるルアーを同一のケースへ合わせるのは案外難しいものです。余裕で入るのでいくらでも入れてしまう・・・。

これだけ入れても、サイズバラバラでも余裕の収納力なので、間仕切り付きのケースの方は絶対こっちを使うべき(笑)

あとがき

一人で行く事も多いので、タックルボックスよりはランガンスタイルに拘っています。軽装に見えて、どんな釣りでも直様対応できるスタイルが一番かなと思っています。これは、沖堤防でも奥湾でも同じ事かなと。

それぞれのフィッシングスタイルに合わせて持つ物も楽しく選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です